固定資産税システム評価

 固定資産税の基礎となる評価額の算定は、各市町村ごとに以下の手順によって算定されます。

1.
土地の利用方法(用途)等により、グルーピング(状況類似地域区分)する。
2.
各グループの中で標準地を選定し、評価額を算定する。
3.
ほぼ全ての道路について、路線(同じ価格帯の長さに区切る)を付設する。
4.
各グループ内で、標準地を基準として、路線の価格を算定する。
5.
各路線価格をもとに、路線に面する土地(画地)の形状、接面道路状況等を考慮して、一画地 ごとの評価額を算定する。

 以上の流れの中で、私たちは1.〜4.の業務を行っています。

 固定資産税評価においては、最終的な一画地ごとの評価額が適正であること(個別適正)はもちろんですが、数千本以上に及ぶ路線の価格が面的にバランスを保っていること(比較均衡)が重要になってきます。
 弊社では、個別適正と比較均衡を両立させるため、大量のデータ分析・運用が瞬時に可能な路線価評価システムを開発、これを地図情報システムともリンクさせ、精度の高い路線価評価を迅速に行うことができます。
 また、住環境をはじめとする定性的な要因は現地に足を運び現地の状況に精通していなければ判断できないことも多々あります。弊社では、評価を担当する不動産鑑定士が、区域を詳細に調査し現地から得た生の情報をダイレクトにシステム評価に反映させていきます。
 更に、路線価図等の情報公開をはじめとする、住民の方への評価の経緯、根拠の明示など、説明責任を常に意識した対応でアフターサポートをいたします。

Page Top